コメント活用術

コメント活用術(2007年7月8日-阪神3R)

アルファベース・フルに申込みいただいた会員様に、TARGET JV (競馬データベースソフト)でご利用いただける「木下健チェックコメント」を配信しております。”予想のヒント”に、”馬券の組み立て”にと、ご活用されている方が多数おられます。ここでは、コメントの活用術をいくつか披露します。

コメント活用術

その1「危険な一番人気編」 (2007年7月8日 阪神3R 3歳未勝利ダ1200M)

※クリックすると出馬表がご覧いただけます。

1番人気は、2番ゲットブラック。以下、2番人気のセトノジェネシス、3番人気のディマクコンダと続きます。
単勝2.0倍の1番人気ゲットブラックは、危険な人気馬だと考えました。

馬タイプにffの印がある(Alpha-BASE_FULLのみ表記)スズノトップレディが出走していま した。

馬タイプとはその馬の脚質傾向や、能力発揮しやすいペース等を記号で表したもので、スズノの馬タイプが表すのは「速いスピードをもつタイプ」の意味です。前走ではFHP+6で先導して超ハイペースのレースをつくりました。

他にもブライティアクロスやセトノジェネシス等、ハイペースを追従するスピードを持つ馬が出走してたのでスズノが刻んだペースが緩む可能性は低いと考えました。

LAP_COME(ラップコメント)を利用したアプローチ方法

1番人気 ゲットブラック

「今回のFHP-1の流れでは、逃げる所か先行するのも余裕が無かった。 今後も前3Fが乏しいメンツでないと、マイペースで逃げる事は困難で上位争いは厳しい」<前走コメント>

上記を読むと、平均ペースを追走するのにも余裕が無かったのですから、今回想定されるハイペースでの上位争いは到底難しいと感じます。この事からも、非常に危険な一番人気馬である可能性が浮かび上がってきました。

2番人気 セトノジェネシス

「平均~スローで能力を出せる。 今回はハイペースに巻き込まれて大きく崩れてないのは評価したい」 <前走コメント>

初戦の指数が示す通り、ハイペース適正が高いのは間違いないところです。
しかし前走のようにハイペースで積極的な競馬をしすぎると頼りない面があるので、平均~スローペースでは初戦以上の競馬が出来るのではないかと思い、前走のようなコメントを残しました。
ただし、前走はハイペースに巻き込まれながら、評価に値する粘りはみせておりましたのでペースに対する慣れも少しは見込まれます。

4番人気 スズノトップレディ

「ハイペースを先行し粘ったのは評価。 しかし近走の内容からこの突然の好走は水が浮く馬場の適正による可能性が高い気が」 <前走コメント>

前走は超ハイペースで逃げた割りに評価出来る粘りを見せました。今回ハイペースで逃げて十分な粘りこみを期待できそうです。
しかし前走は水が浮いた不良馬場でした。水が浮く不良馬場になると逃げ馬が馬券に絡む率が極端にあがり、その恩恵を受けて好走の可能性があるので今回の良馬場で同じだけ走れるかの不安もあります。
とはいえ、あくまでも推測の域ですので軸とする不安はあっても、切り捨てるには危険すぎます。

5番人気 スリーキュラソー

「平均~ハイペースの方が能力を出せる。 今回やや出遅れたが、今後も理想のペースであっても相手に恵まれないと厳しく感じた」 <前走コメント>

今回はハイペースを想定してるのでペース自体は向きそうです。但し単純に相手に恵まれないと厳しい能力なので、ハイペースだからと言って単純に飛びつける馬ではないことがコメントから判断できます。

【馬券アプローチ】

これらのコメントとペースを踏まえた戦績から予想を組み立てると、ハイペースで好指数をマークしたセトノジェネシスが軸としては最適そうです。

ただ一点の不安は積極的過ぎる競馬をしないかでしたが、その点はペース配分が巧みな武豊騎手に乗り替わりということで大きな安心感を得ることができました。

同時に1番人気であったゲットブラックは回収率をあげるためにも、買い目から完全に省くことにし、良馬場での懸念は感じさせるものの、余計な危惧であれば好走が見込めるスズノトップレディを2番手に据えました。

12番 セトノジェネシス
09番 スズノトップレディ
05番 スリーキュラソー

ここまでくると基本は総流し。ただし配当の良いところはワイドで。そうでないところは馬連で強弱をつけ、何が来ても平均して回収率があがるように工夫しました。

更に回収率をアップさせるため、セトノ&スズノの組み合わせは3連複のみで大きく狙ってみることにしました。当然ここでもゲットブラック以外への総流しです。

レースは想定した通りのハイペースとなり、軸に据えたセトノジェネシスが勝ちを収め、ゲットブラックやはり追走に苦しみ惨敗。上手くラップコメントを利用することで危険な人気馬を買い目から外し回収率を上げ、高配当を仕留めることができました。