レースペース別予想術

ハイペース予想

2006年5月20日 新潟10R「わらび賞」3歳500万下 ダート1800m

【レースの展開を読む!!】

ペースを握る馬を探してみると、12番マイイージスの高いFHP指数が目に付きました(前走+10 、2走前+3)。続いて、この馬がレースを先導した場合のペースを考えました。近2走のペース表示をみますと補正前指数の背景色が水色(ハイペース)なので、このレースもハイペースになる可能性が高いと考られました。
しかも、外には『逃げ』でしか結果が残せてなく、何としても逃げたいと思わせる14番ソレックスが居りました。
14番ソレックスも前走のFHP指数が+5で、残れるかどうかは抜きにしても12番マイイージスと逃げ争いするだけのスピードがありますので、 このレースがハイペースになるのは容易に想像が出来ました。


【ハイペースを想定したアプローチ方法】

ハイペースで好成績を残している馬をピックアップする。

アルファベースの補正前指数枠の色分けに注目。水色の枠はレースペースがハイペースだったことを示しています。まず、ハイペースのレースで指数が高い馬を、予想の際にピックアップします。

ハイペースで高い指数を残している出走馬は以下の三頭がいます。
14番 ソレックス
12番 マイイージス
10番 オリオンザスカイ

LHP指数の高い馬をピックアップする。

ハイペースになったレースではLHP指数の優秀な馬の活躍が目立つ傾向があります。その為、LHP指数の優秀な馬にも注目し、予想の際にピックアップします。

ここで注目したのは、13番のピースオブレグルスです。現級の500万で発揮したLHP指数は、出走馬の殆どが未勝利勝ちしたばかりの昇級初戦の馬たちの中で、断トツと思えました。他に未勝利勝ちした馬達の中で、何走かで安定して高いLHP指数を発揮してる馬は三頭います。
02番 サンパレス
15番 シルクウィザード
11番 タイインテンスリー

ピックアップした馬の、馬コメントをチェックする。

ピックアップした馬の「馬コメント」を見て、馬の特徴や性質、近走で注目する点が有ったかチェックする。

この3頭の候補の中から、私がAlpha-BASE-FULLで提供している馬コメントを見ると、15番シルクウィザードに魅力を感じました。

〈15番シルクウィザード 前走の馬コメント〉『中段から攻めあがってなかなか優秀な瞬発力を発揮するが、SPから中間で更に緩むがなかなかペース上がらなかったため若干脚を余した感じ』前走は中間でペースが緩んだスローの中を追い上げて足を余した感じで、LHP指数+10であれば今回のハイペースは味方するだろうと思いました。


【馬券アプローチ】

ハイペースで指数の高い馬として上がった14番ソレックスと12番マイイージスですが、今回は超ハイペースも見込めそうな感じであり、やりあって共倒れする可能性の方が高く感じました。ですので、ここはLHP指数の高い馬で狙った方が良さそうと思いました。一番自信のある13番ピースオブレグルスの複勝と、この13番の相手として、選んだ15番シルクウィザードのワイドで馬券を購入。【結果】
想定した以上の超ハイペースとなり、ピースオブレグルス、シルクウィザードの順で入線。
ソレックスとマイイージスは懸念したとおり共倒れしました。