ブログ

続・異常オッズ BLOG vol.23

素直に乗っかってみれば良い

実は先週紹介した異常オッズには続編があります。

深夜に380万円の高額投票があったゲンパチフォルツァをもう一度振り返ってみたいと思います。

冷静に考えますとゲンパチフォルツァに勝てるだけの実力があったとしても、他の実力馬が力を発揮した場合、そうそう簡単に勝てるものではないはずです。

確実に勝てるわけではない馬に誰が380万円もの大金を投入するでしょうか??

しかし他馬が力を発揮しないという確証のようなものがあればどうでしょう?

 

ここからは一競馬ファン的発想、いわゆるただの邪推です

特定の誰かをやり玉に挙げたり非難する気など毛頭ないので誤解なさいませんように。

前回も書きましたが、極端な異常を感じる投票を見つけた時は、素直に乗っかってみれば良いと思うタイプの人間なので。

 

もし仮にリンカーンテソーロがぶっ飛ぶということが約束されていたら?

大口購入は現実味を帯びた話しに思えてきます。

例えば次のような実情は、それを裏付ける材料になり得るでしょうか?

単なる偶然

 

 

21’3月6日中山10R

 

同日10Rにも同じ冠名のゲンパチルシファーという馬が出走していました。
こちらには大野騎手が騎乗していました。

第4Rのゲンパチフォルツァのもう一頭の人気馬、異常投票が無ければ本来は1番人気だったはずのリンカーンテソーロに騎乗していたジョッキーも大野騎手でした。

勘の良い方ならこの時点でピンとくるかと思います。

ここで面白いのは以下の事実です。

10Rの8番人気のゲンパチルシファーには早朝7:15~7:22までの間に複勝29万3300円の大量投票がありました。

多くても2万円程度の投票しかない早朝までの時間帯での29万円という金額は明らかに異常で区間投票数第2位の高額です。

別のレースでもゲンパチの馬に大量投票。これは単なる偶然でしょうか

ゲンパチルシファー 単複時系列オッズ

 

そして区間高額投票第1位は6番人気のテリオスベル

こちらは前日21:02~21:09の間に複勝51万3300円の高額投票がありました。

大量購入金額1位と2位が最終オッズ6番人気と8番人気というのも非常に興味深い所です。

テリオスベル 単複時系列オッズ

 

さらに注目すべきはこのレースの結果です。

1着 5番人気 ラストマン
2着 6番人気 テリオスベル
3着 8番人気 ゲンパチルシファー

異常投票のあった2頭がしっかりと2・3着に入線しています。

テリオスベルの配当は410円
ゲンパチルシファーの配当は400円

 

厩舎・騎手・馬主がグルになり、そこへ他厩舎・他騎手・他馬主までもが加担しているなんて事はないと信じます。

非常に優秀な予想家がいて、オッズが紛れるように深夜や早朝に購入しているのが正解だと思います。

でももしそうじゃ無ければ想像以上に簡単な気がします・・・。

いずれにせよ異常投票がある事だけは現実です。