ブログ

青春の一ページ BLOG vol.40

近所のスーパーに献血車が着てたんで行ってきた

献血カードに記載されてる献血回数は38回

40代になってからは年に1~3回必ず行くようにしてるけど、一番最初は高校2年か3年の時

でもこれは回数に入ってないと思う

黒歴史やから

 

文化祭に献血車がやってきた


文化祭でのひとコマ

「献血しにいこや!」

ツレ数人と興味半分で献血してみようと言うことになった

 

問診したり血液検査したり、なんやかんやとやる事があって、スムーズに運んでも採血までには15分くらい掛かる

初回はもちろん個人情報の登録作業もあるし、2回目からは個人情報の確認作業もある

でも当時はそんなん無かったんちゃうかなと思う(全く記憶に残ってないけど)

と言うのも・・・

 

笑顔の天使

一緒に献血車に入ったツレも、後から献血車に入ったツレも、さっさと終えて出て行った

看護婦さん(ではないんか?)にどうして俺だけ時間が掛かるのかを尋ねると、満面の笑みで衝撃の答えが返ってきた

看「先生さんは400ml戴いてますぅ~~」

俺「え?!先生ちゃうで俺? 制服着てるやん! パンチパーマやけど・・・(汗)」

看「うそやろ? (;゚Д゚)」

 

学生は200mlしか取ったらあかんらしい

高1から30代に間違われる事は度々あったけど、校内でしかも制服着て、ツレとため口で会話してるのにまさか先生と間違われるとは

それでも「ジュース2つあげるから黙っといて」と言われ、得した気分になったオレ

 

「大丈夫か?えらい遅かったやん」と心配そうなツレら

2つのジュースの理由を知り、腹がよじれて痛いと涙を流し笑うツレの姿

今も脳裏に焼きつく青春の一ページ